アーカイブ
奈良
 
© 2010-2019 キリトリセン
 

遊郭のひなまつり

今は金魚の町として有名な大和郡山に、かつて遊郭がありました。
展示会場の一つ「旧川本邸」は大正13年に建てられ、
昭和33年の売防法施行まで遊郭の建物として使われていましたが、
文化的に価値ありと市が買いとったものです。
邸内も見学でき、2階には営業部屋でだったであろう狭い部屋が並び、
各部屋にも年代物のお雛様が飾られています。
暗くドンヨリと淀んだ狭い部屋に古い雛人形。
情念、怨念が渦巻いておる。艶やかで綺麗だけど怖いよ。

 

【大和なひなまつり】
各家庭で大切にされてきたひな人形を市内の商店や古民家などで展示し、
旧市街地の活性化につなげようと平成24年に始まった。

2015/02/28

─ 奈良 2015/02/28 ─