アーカイブ
奈良
 
© 2010-2020 キリトリセン
 

青い悪魔

本薬師寺跡周辺

近鉄畝傍御陵前より徒歩10分。
水田にホテイアオイが一面に広がっています。
朝の気温が高く、日差しの強い日にきれいに咲くそうです。
クラクラするほど暑い中、大勢の人が鑑賞に来られています。

ググってみると見た目の美しさと正反対のイメージでびっくり。
青い悪魔と呼ばれている植物で、
ギネスブックにも世界最悪の水生雑草として記録されているそうです。

>世界の侵略的外来種ワースト100

 

世界の熱帯・亜熱帯域に帰化し、本州中部以南のあちこちで野生化している。
寒さに弱く、冬はほとんど枯れるのだが、一部の株がわずかに生き延びれば、
翌年には再び大繁殖する。繁殖力が強く、肥料分の多い水域では、
あっという間に水面を覆い尽くし、水の流れを滞らせ、水上輸送の妨げとなり、
また漁業にも影響を与えるなど日本のみならず世界中で問題となっていて、
「青い悪魔」と呼ばれ恐れられている。冬季に大量に生じる枯死植物体も、
腐敗して環境に悪影響を与える。さらに、水面を覆い尽くすことから、
在来の水草を競争で排除する事態や水生動物への影響も懸念される。
(Wikipedia)

2015/08/13