アーカイブ
奈良
 
© 2010-2020 キリトリセン
 

火の行

二月堂 修二会しゅにえ・お水取り

いよいよ大きな松明たいまつに火がつけられ、
登廊の狹い石段を駆け上がります。


 

この1年の罪を二月堂本尊の十一面観音に悔い、
新しい年がいい年であることを祈るお水取りは、
天平勝宝4(752)年に始まってから1回も途絶えることなく続き、
2017年でなんと、12667回目を数えます。

2017/03/06