アーカイブ
奈良
 
© 2010-2020 キリトリセン
 

ツバメ乱舞

ツバメのねぐら入り

夏の平城京跡には、
日が沈み始めると大勢のツバメが集まってきます。
夕焼けをバックに空一面を埋め尽くし、上空を飛び回り、
徐々にその高度を下げ、ヨシ原に舞い降り翼を休めます。

 

4月頃から民家の軒下などで子育てを始めるツバメ。
やがて巣立ったヒナと親ツバメは河川敷のヨシ原などに集まり、
集団で夜を過ごす「ねぐら」を形成します。
ねぐら入りは8月半ばには見頃を迎え、
9月下旬頃には南国へと渡っていくそうです。

2017/08/24