アーカイブ
奈良
 
© 2010-2020 キリトリセン
 

花を灯す

なら燈花会とうかえ2019 (春日野園地エリア)

日が暮れ始める午後7時。
ボランティアのみなさんがろうそくの花を灯し始めます。
炎天下がウソのように、気持ちのいい風が通り抜け
夕焼けをバックに明かりが灯っていきます。

>2017年の様子

 

「燈花」とは、ろうそくの芯の先にできる花の形のかたまりのことです。
これができると縁起が良いと言われています。
「なら燈花会」に訪れた方々が幸せになりますように…。
そんな願いを込めて、ろうそくひとつひとつに灯りをともします。
(hpより)

2019/08/11