アーカイブ
奈良
 
© 2010-2020 キリトリセン
 

鹿と月

春日大社 節分万燈籠

春日大社の万燈籠は2月と8月の年2回行われますが、
いつも大変な賑わいでゆっくり見れた事がありません。
しかし今回は新型肺炎の影響か人出はまばら。
幽玄の夜をたっぷり味わうことが出来ました。

 

境内にある2000基の石燈籠、1000基の釣燈籠は、
800年の昔より貴族や武士を始め広く一般国民より奉納されたもの。
回廊沿いの灯影に幻想の世界が現れ、参拝者で賑わいます。
(奈良県観光公式サイトより)

2020/02/08