アーカイブ
京都
 
© 2010-2020 キリトリセン
 

糺の森ただすのもりの光

下鴨神社 糺の森の光の祭

2016年から始まった世界遺産の下鴨神社と、
「チームラボ」とのアートコラボレーション。
近くを通ったり、触ったりすると色が変わります。
参道には卵型が置かれ、境内では球体が宙に浮かんでいました。

 

世界遺産である下鴨神社の、糺の森の中の参道沿いに置かれた
立ち続けるものたちと、参道の木々が光り輝く。
立ち続けるものたちと木々の光は、それぞれ自立しており、
ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。

立ち続けるものたちは人に押され倒れかけると、
光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。
そして、その光は、放射状に近隣の立ち続けるものたちと木々に伝播していく。
伝播した光は、同じように音色を響かせながら、
立ち続けるものたちと木々に連続して広がっていく。
そしてその先にある下鴨神社の楼門の中の空間にただよう光の球体にも呼応していく。
球体の光も、楼門を超えて、立ち続けるものたちと木々に伝播し、連続する。

長い参道の向こうの方から光が押し寄せてくれば、
向こうに、人や森に住む動物がいることを意味する。
人々は同じ空間にいる他の者の存在を普段より意識するだろう。
(チームラボhpより)

 

2018/08/26